東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

 

古伊万里金襴手宝尽文八角小鉢 五客

江戸時代・18世紀初

長径 14.5cm 高 5.3cm

¥400,000

商品について問い合わせ

端正な作りのこの小鉢は、鮮やかな深紅の色絵が器全体に施され力強さと優美さを併せ持つ金襴手様式の逸品。見込には、竹林に梅と鶯の文様が染付で繊細に描かれている。中央の余白の白さにより紅色が華やかに映えるこの意匠は、金襴手様式特有の絢爛たる趣があり、見事な出来映えである。器の側面に大小二種類の窓をそれぞれ四カ所に設け、大きい方の窓には吉祥文様の鶴と宝尽文を、小さい方の窓には唐花文を描いており、内側に描かれた絵文様が外側の同じ位置にも配された「打抜き」と呼ばれる手法が用いられている。高台内には、「大明萬暦年製」の銘を記す。