東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

 

古九谷色絵双鳥文隅切皿

江戸時代・17世紀

径 19.5cm 高 2.8cm

優れた作品が多いといわれる古九谷様式の隅切皿の中でも、この二羽の尾長鳥が描かれた皿は傑作として名高い。流れ落ちる瀧を背景に趣深い鳥の絵文様が、細密な筆致で格調高く表されている。 五彩を用いて端正に描かれた構図に美しい白磁の余白が生きるこの作品は、古九谷様式の風格と粋が見事に表現された逸品である。高台は、器形に沿わせ四方の隅を切った形で貼り付けられており、高台内には黒で記された角福銘が緑色で塗り埋められている。