東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

 

古九谷色絵描分牡丹文皿

江戸時代・17世紀

径 19.8cm 高 3.2cm

三区画の見込みに、古九谷特有の彩色技法を駆使し作られた初期色絵作品の秀作。大きく区切った白地には「五彩手」と呼ばれる装飾法により、赤・青・黄・緑・紫の五色を巧みに用いて、牡丹の折枝文をのびやかに描いている。緑で余白を塗り埋めた「青手」の技法により濃彩で力強い絵付けが施された区画と、もう一つには、青で余白を塗り埋め白抜きに表現された唐草が美しく配されている。それぞれに趣向を凝らした意匠が、器の中で見事に調和した逸品である。陶工の指痕が残る素朴な趣は、この作品の見どころの一つでもある。

小補修、入有り