東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

初期伊万里の取扱商品 

初期伊万里 / Early Imari

初期伊万里染付蓮池文輪花小皿(右)

江戸時代・17世紀

径 14.3cm 高 2.5cm

売約済み

中国では蓮を子孫繁栄の吉祥文として描くことが多く、しばしば古染付の文様にも用いられていたが、日本の初期伊万里ではあまり描かれない珍しいモチーフである。自由な筆致で活き活きと力強く描かれた蓮文は、古染付の影響を色濃く残す作品である。この作品と同意匠の古染付の小皿が伝世している。

初期伊万里染付唐花文小皿

江戸時代・17世紀

径14.3cm 高2.5cm

売約済み

鍔縁には細い筆致でハート繋文を巡らせている。見込みには、図案化された唐花の文様が大胆に配され、その意匠は異国情緒をも感じさせる。わずかに青みを帯びた素地に、美しい発色の藍が映え、小品ながらも、洗練された魅力を持つ見事な佳品。裏面は、口縁近くに圏線が引かれ、薄く削られた高台脇に陶工の指跡が残る。

原色「日本の名陶」雄山閣 今泉 元佑 著 227頁 56番 所載

初期伊万里染付銀杏文盃

江戸時代・17世紀

径7.8cm 高2.3cm

売約済み

(右下)

初期伊万里染付紗綾文三耳壷

江戸時代・17世紀

径18cm 高21.5cm

売約済み

立ち上がった頸に染付を用いて紗綾文が描かれ、その脇には三つの管耳が配される。肩のあたりに鎬「しのぎ」といわれる陰刻が施されることにより、器全体を引き締めている。初期の壷には、松竹梅や山水などの文様が描かれているのが一般的だが、この作品は、紗綾文を除き器に文様が無いのは珍しい。肩から高台にかけてのゆるやかな曲線には、おおらかさが感じられ魅力の一つといえる。施釉した時についたであろう陶工の指跡が高台に残っているのも初期伊万里の特色である。磁器が焼き始められた創成期の力強さが残る逸品である。

初期伊万里染付雲山水文皿

江戸時代・17世紀

径21.5cm 高4.5cm

¥350,000

商品について問い合わせ

初期伊万里らしい少し青味を帯びた釉薬が厚くかけられ、雲や岩場の木々が、のびのびとした筆致で描かれている。裏面は、当時の陶工による指跡も残り、高台の大きさは、初期伊万里の約束どおり三分の一になっている。