東京・日本橋の東洋古陶磁専門店

古美術品の買い取り・鑑定ご相談ください

古伊万里の取扱商品 

柿右衛門 / Kakiemon

柿右衛門色絵牡丹文八角鉢

江戸時代・17世紀末

径19.7cm 高10.8cm

売約済み

盛期柿右衛門を代表する八角の菓子鉢である。濁手といわれる美しい白磁に折枝牡丹文を絶妙な配置で描く。牡丹の裏側には蝶と戯れる小鳥が余白に生きている。縁に銹釉を入れることにより、輪郭が際立ち、器形の美しさや濁手の白さ、色絵の色彩が鮮やかに映える。技術面でも完成期の作品であり、当時のヨーロッパ王侯貴族をも魅了したこれらの作品は、今なお多くのコレクターに所蔵されている。

柿右衛門染付三果文皿

江戸時代・17世紀末

径21cm 高3.5cm

売約済み

吉祥文様である三果(桃・石榴・仏手柑)を染付のみで巧みに描いたこの作品は、盛期を代表する優品の一つ。見込みを大きく取り、縁を緩やかな曲線でやや深めに立ち上げるこの器形もまた、柿右衛門様式の円熟した格調の高さが伺える。裏面高台には、盛期に相応しい角福の銘が楷書にて丁寧に書かれている。